睡眠時無呼吸症候群|所沢市小手指のやまさき内科クリニック

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
top

睡眠時無呼吸症候群外来

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。
きちんとした睡眠がとれていないと疲労感がたまり、日中の過度の眠気におそわれるだけではなく、SASは生活習慣病と深い関係があり、健康な方と比較して高血圧を発症する可能性は2倍、狭心症・心筋梗塞は3倍、脳血管障害は4倍、糖尿病は1.5倍という報告があります。

米国での報告で、睡眠1時間あたり20回以上無呼吸が記録された患者さんは無治療のままであると9年後には10人のうち4人が心臓病・脳血管障害・交通事故などで死亡していたというデータもあります。

どんな症状?

  • 睡眠中に呼吸が止まっていると言われる
  • 熟眠感がない
  • 日中の強い眠気
  • 生活習慣病(肥満・高血圧・糖尿病)がある
  • 大きないびきをかく
  • 起床時の頭重感がある
  • 疲れやすい
検査

保険適用で自宅で簡易検査を睡眠時におこなっていただきます。

治療方法

CPAP(Continuous Positive Airway Pressure):経鼻的持続陽圧呼吸療法  鼻から専用のマスクを介して空気を送り気道を広げる治療です。

中等度以上の睡眠時無呼吸症候群の場合では健康保険が適用されており、自己負担は3割負担で月5,000円弱程度です。
健康保険でこの治療を受けられる場合、毎月必ず外来受診することが必要となります。

無呼吸なおそう.com

診療案内
  • 内科
  • 循環器内科
  • 循環器内科
  • 漢方内科
  • 訪問診療
  • 点滴療法外来(自費)
  • 美容・疲労回復外来(自費)
  • メンズヘルス外来(AGA,ED・自費)
  • 禁煙外来
  • 動脈硬化ドッグ
  • 所沢市特定健診
  • 予防接種
  • ピロリ菌外来
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 花粉症外来